メンズ

自然エネルギーを有効活用するための最新技術

耐震強度を高める素材

鉄骨

自然災害が増えている昨今は、身の安全を確保するための防災計画と対策が見直されています。その一つとして建物の耐震強度があります。都市部に建設が増えている高級マンションや最新施設ではあらゆる工夫が取り入れられていて、耐震構造を実現しています。築年数の長い建物の管理を行なっている人にとって気になるのが、どのような工事を行なえばいいのかという点かと思います。新築でも利用されている今注目の方法が、グラウトと呼ばれるものです。これはグラウト材と言う無収縮のモルタルを建材の間に流し込むことで、建材と建材の隙間を埋め建物全体の強度を高めるというものです。通常の素材に比べ劣化に強く、細部の隙間にも効果的に注入できるので耐震強度を高めることができます。グラウト工事を業者へ依頼する際の流れとしては、まず行ないたい建物について相談します。このとき簡単に築年数や状態、気になる点などを訊かれます。その次に現地調査を行なうので、希望の日時を決めます。現地調査では一級土木施工管理技士が行なうので安心です。このときの結果をもとに詳細な見積もりが出されます。内容に納得いけば契約を結びますが、もし不明な点があれば確認しましょう。気になる業者がいくつかある場合は複数の業者で見積もりを出してもらい、その中から納得のいくところを決めると良いかと思います。契約後に詳細なスケジュールが組まれます。グラウトを効果的に行なう箇所の規模などによって工期が決まります。